loading
歌詞

やなせなな(作詞:早坂文明、作曲:やなせなな) 歌詞39「ひとつの心」

ひとつの文字が その始まり
母なる海に 「命」と書けば
繰り返す波のごとくに
喜び悲しみ 打ち寄せて
立ち尽くす故郷に 涙がにじむ
いつかは文字に 願いを込め
生きる標を掲げたいと

ひとつの言葉が その始まり
父なる山に 「力」と書けば
荒れ狂う風が 襲うとも
恨まず憎まず 背を向けず
報われぬ故郷に こぶしを突く
いつかは言葉に ぬくもり添え
立ち向かうその日を君と共に

ひとつの心が その始まり
遥かな空に まけない広さ
湧き上がる雲を従えて
祭りの賑わい 光る汗
よみがえる故郷に 笑顔が躍る
ひとつの心が その始まり
心をひとつに 命をつなぐ

シングル『まけないタオル』(2011年)、アルバム『春の雪』(2013年)収録

©作詞:早坂文明、Studio Tabby