loading
歌詞

やなせなな(作詞:早坂文明、作曲:やなせなな) 歌詞40「ほんとうの空の下で~“フクシマ”を想うとき~」

桜の花が咲く この空の下にも
やがて風吹けば 涙のように散る

そして私は想う
幼いあなたを
ほんとうの空の下で 抱きしめたいと

夕陽が振り向く この空の果てで
やがて遠い景色 眠りて夢訪ね

そして私は想う
友だち あなたを
ほんとうの空の下で 手を繋ぎたいと

枯葉が舞い落ちる この空をあきらめ
やがて踏まれても 明日の命支え

そして私は想う
老いたるあなたを
ほんとうの空の下で 見守りたかったと

雪が降り積もる この空を忘れず
かすかな希望の芽 やさしく包むよう

そして私は想う
まだ見ぬあなたを
ほんとうの空の下で 巡り合いたいと

季節巡り歌は この空をなぐさめ
「未来」という文字を「信じる」と歌ってる

そして私は想う
すべての命を
ほんとうの空の下で 讃え育みたいと

ほんとうの空の下で 讃え育みたいと

シングル『まけないタオル』(2011年)、アルバム『春の雪』(2013年)収録

©作詞:早坂文明、Studio Tabby

★関連動画はコチラ